会社という組織

どうでもいいことを大ごとに騒ぎ立てる傾向になる。些細なミスをさも大きな事件の様に報告される。そんな些細なこと本人にだけに言って終わりでいいんじゃないの?と思うことが沢山ある。ミスに対する報告書や部内全体への共有が求められる。ミス狩りが横行している。そこで働く人たちは萎縮してしまう。窮屈に感じてしまう。

 

解決策は2つ。会社を辞めるか、会社の中でも気にしない自由な心を持つか。前者は会社を辞めても生活できる稼ぎを持っている必要があるため、若干ハードルが高いが、そのために何かしらの準備を進めることはできる。後者は現実的な解決策だが、前者と比較して自由度は低い。

 

会社を辞めても稼ぐことができる準備をしつつ、会社にいながらも自由な心を持つのがいい。