本当にしたいこと?

スティーブ・ジョブズ

「17歳のとき、こんな文章を読んだ。『毎日、今日こそが自分の最後の日だと思うようにすれば、いつの日か、自分が正しかったということを確信するだろう』この文章は、強烈な印象を私に与えた。

それ以来33年間、私は毎朝、鏡に向かって『もし今日が自分の最後の日だとすれば、今日しようと思っていることが、本当にしたいことだろうか?』と自問するようにしている。もしその答えが「ノー」だという日が何日も何日も続くようであれば、何かを変える必要があると思うわけだ。」

 

これは自分との対話。自分を掘り下げるということ。

 

「ノー」だという日が何日も何日も続くようであれば、何かを変える必要がある。

 

自分が喜びを感じるものは自分の心が知っている。年収や就職人気ランキングではない。

 

自分の心を掘り下げることにより、自分が喜ぶものを見つけることができる。