20171110 752

人を幸せにする情報を提供する。人はものを買うときに、これを買えば幸せになれると思って買う。こうなりたいというイメージがあり、これを買えばイメージが実現できると思って買う。

 

本を買うときも、「幸せになりたい」という欲求があり、この本を買えばそれが実現できると思って買う。

 

付加価値とはなんだろうか。付加価値のある文章を書く。書くとは読者の代わりに考えることである。読者は考える時間をお金で買う。

 

作者はコンサルタントでなければならない。読者の課題を解決できるコンサルタントでなければならない。読者から疑問、質問を聞いて、それに対して的確に答えなくてはいけない。アイデアを出さなくてはいけない。解決策を出さなくてはいけない。

 

文章を書くことで人の心を晴れやかにする。そんな文章を書ける人間になりたい。説得力のある文章を書ける人間になりたい。今、書いているこの文章は誰かの役に立つのだろうか。最初のコツさえつかめれば、あとはスラスラ書くことができるようになると思う。

 

自分の疑問を解決するような文章を書きたい。自分が抱いている疑問とはなんであろうか。

どうしたら面白い文章が書けるか

どうすればもっとお金が稼げるか

どうすればフリーになることができるか

どうすればもっと幸せになることができるか

どうすればもっと楽しく生きることができるか

 

やっぱり、一番興味があることは、どうすればもっとお金を稼ぐことができるかだ。お金を稼ぐために文章を書き始めた。お金を稼ぐことが目的で、文章はその手段である。しかし、今度は、文章を書くために、お金を研究しようとしている。文章を書くことが目的で、お金を稼ぐことはその手段である。

 

卵が先か、鶏が先かと同じだが、これからのテーマは「お金の稼ぎ方」をテーマにする。